就職活動で内定を勝ち取るために評価される面接の受け方

就職活動で内定を勝ち取るために評価される面接の受け方

面接は内定を左右する評価を受ける機会

就職活動で内定を得るまでの基本的な流れとしては、まず書類選考を通過しなければなりません。その後、筆記試験や面接に進んで結果が出ます。第一の壁として書類選考の壁は高いと感じられるでしょうが、面接を重視している企業は多いです。また、面接を通過すれば採用になることがほとんどなので、面接の方が壁は高いといえます。つまり、書類選考では高くない評価だったとしても、次の面接で評価を挽回できるチャンスが残っていることを意味しているため、力を入れるべき機会となっています。ただ、力を入れ過ぎると空回りしてしまい、本来の自分の姿を見せられなくなる場合があります。そのため、面接の準備を滞りなく行うのは大切ですが、本来の自分の姿を見せる時間を作ることも必要です。

わかりやすい返答を心掛ける

就職活動の面接で評価してもらいたいのであれば、質問に対してわかりやすい返答を心掛けましょう。仕事をしている状況では、人に説明をする機会は多いです。その際にわかりやすく説明できる方が説得力は高まりますし、聞き手は理解しやすいです。そのため、質問に対して面接官にわかりやすい説明をすることによって、評価が高くなります。わかりやすい説明をするためには、面接官から質問される内容を事前に考えておくと良いでしょう。すると、準備しておいた返答の内容をそのまま説明したり、加減したりなど色々なパターンで説明可能です。ただ、質問される内容の全てを事前に把握するのは無理なので、その際は知識や経験を活用してわかりやすい説明をするしかないです。

就活の面接では、自己PRや志望動機を、自分の言葉で丁寧にハキハキと伝えようとする姿勢が大切になります。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2018 Transfer Your Skills Now