未経験でも高収入の可能性あり!!技術をアピールして活躍

未経験でも高収入の可能性あり!!技術をアピールして活躍

CADで設計する対象物は意外に多い

CADとは、「Computer Aided Design」の略で、コンピューターを使用して製図を行う技術のことを指します。製図といっても建築系から機械・電気系など多岐に渡っています。デザイン的なものから細かい部品まで、日常生活で目にしたり使用する多くの物も対象となります。製図を行う内容やデザインによって使用するソフトウェアも異なります。通常、二次元CADを使用しますが、より立体的で精密な図面を作成する場合は、三次元CADのソフトウェアを使用します。

CADオペレーターのニーズは?

CADオペレーターは、設計者が設計した図面を指示に従って、書き換えていく作業をします。設計者のアシストとも言えます。

設計者とのコミュニケーションは重要となりますが、高度な技術や知識は必要ではありません。未経験でも基礎的な技術を学ぶことで、CADオペレーターとして活躍することも十分に可能です。CADについては、インターネットや参考書を使用して独学でも習得ができますが、スクールに通うと基礎から応用まで体系的に学ぶことができますので、おすすめです。

産業機械や大規模建築物だけではなく、テレビ・携帯ゲームのデータやアパレルデザインの作成など、非常に身近な分野にもニーズがあり、活躍の場は広いと思います。製図のデジタル化に伴って、技術を持っていると各所で重宝されます。

キャリアを積むことで、単なるオペレーターから設計エンジニアへの道も開けてくるのではと、期待できます。

CADオペレーターとは、パソコンのソフトを使用して、図面を作成する仕事です。図面を描くためには、描く物を理解する必要があります。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2017 Transfer Your Skills Now