保育士ってどんな仕事?何の資格が必要なの?

保育士ってどんな仕事?何の資格が必要なの?

保育士の具体的な仕事

保育士の仕事は子どもの食事や衣服の着脱などの生活補助だけではありません。社会性を身につけ心身の発達を促進する子どもの成長にとって大切な仕事です。保育士がどんな仕事をするか具体的にお伝えします。

保育園の開園前の仕事

保育園の朝は開園準備から始まります。園内の掃除やイベントやスケジュールの確認、朝礼などが済み開園時間に合わせて子どもを迎えます。

子どもが登園してきたら

子どもの登園が済みクラスごとに分かれて朝の会を始め、みんなで朝の挨拶や出席の確認などを行いプログラムによって体操、園内で自由に遊んだり、お散歩などの活動を行います。

子どもと一緒に昼食を食べる

お昼前に子どもの手洗いやうがいなどを済ませると昼食の準備を行います。保育士は食事をしている子どもの様子に注意しながら食事を済ませ、昼食が終わると、食器の後片付け、子どもの歯磨きと排泄を促し、お昼寝用の布団をひき子どもたちが布団に入ると、絵本などの読み聞かせを行い子どもたちはお昼寝をします。子どもたちが寝ている間に連絡帳などの記入を行い休憩します。お昼寝が終わったら部屋の中や園庭で自由に遊ばせ保護者のお迎えの時間がくると保護者に連絡帳を渡し、その日の子どもの様子や連絡する事を伝えます。子どもたちが帰った後に園内の掃除や片付けなどを行います。

保育士の資格取得の方法

保育士の資格を取得するには厚生労働大臣指定の大学などや専門学校などの保育士を養成する学校の課程を修了することで資格を取得できます。それ以外に毎年実施される国家試験の保育士試験を受け合格することで保育士の資格を取得できます。費用や養成期間など自分に合った方法で選びましょう。

大阪には保育園が数多くあります。まずは、自宅に近い場所や通いやすい場所に求人がないか探してみましょう。保育士の求人を大阪で見つけて、働いてみるのもよいものです。

~~||~~Comments Are Closed~~||~~

@ 2017 Transfer Your Skills Now